ピルを個人輸入で買ってみた

ピルの購入は個人輸入代行での購入がお勧め

避妊目的でピルを服用する場合、保険は適用されません。

 

保険適用は生理痛が酷すぎる等の避妊目的以外で医師から処方された患者様だけです。

 

ですので避妊目的でピルを購入する場合、どこで購入しても値段は高くつくってわけです。

 

そんなピルですが、安く購入する手段があります。

 

それは海外輸入です。

 

海外からピルを取り寄せて購入することで、とても安く買えるからです。

 

海外輸入で購入ってなると面倒だと感じるかもしれませんが、そういった手続きをすべて執り行ってくれる個人輸入代行店というがあり、これを利用するんです。

 

先ほど申し上げたように、商品の購入手続きや海外からの取り寄せはすべて個人輸入代行店が行ってくれます。

 

ネットで検索すると薬を取り扱ってる個人輸入代行店をすぐ見つけられるのでこれを利用しましょう。

 

購入手続きは簡単で、普通のネット通販と手続きはかわりません。

 

個人輸入代行店で違いはあるでしょうが、最初に簡単な会員登録をすれば買い物出来るようになります。

 

次に欲しいピルを選んで何箱購入するか選ぶだけです。

 

この時お勧めなのが1箱買いではなく、まとめ買いです。

 

というのも例えば1箱1000円するピル、3箱購入するとなると普通は3倍の3000円となりますが2000円で変えたりします。

 

10箱購入なら4300円(1箱単価430円と半額以下です)と激安になります。

 

もちろん10箱購入しても薬には消費期限がありますし、3箱や5箱でも普通に買うよりは十分安く買えます。

 

購入数を決定したら、次は支払い方法です。

 

普通のネット通販で商品購入するのと同じように支払い方法を選べます。

 

会社によって違いはありますが、クレジットカードや銀行振り込みといった普通の支払い方法で決済可能です。

 

任意の支払い方法を選んで支払いをしてください。

 

支払いを終えると、登録していたメールアドレスに入金確認のお知らせがきます。

 

通常のネット通販だと商品在庫があれば入金確認なら数日以内に商品到着しますが、個人輸入代行だと残念ながら時間がかかります。

 

このテンポの悪さが海外輸入で買うことのデメリットです。

 

入金確認をしてから海外から商品発送され、空港などで商品チェックが行われます。

 

日本に着いてから自宅までのお届けに時間もかかりますし、商品在庫があったとしても入金確認から商品到着まで一週間ぐらいの期間がかかります。

 

しかし商品到着まで時間がかかるという点を除けば、通常のネット通販と同じ感覚で個人輸入出来る訳です。

 

ピルを個人輸入で購入となると大仰そうに感じますが、実際はすごく簡単なので是非利用してみてください。

 

(和歌山県 モフモフさんさん)