ピル 個人輸入

ピルを個人で輸入するときに知っておきたいこと。

医薬品の販売に関しては日本は先進国とはいえ、かなり厳しく規制されています。

 

例えば外国のドラックストアに売られている薬を個人で使うとすれば2か月分は持ち込んでもいいことになっています。

 

つまりピルを個人輸入代行をつかって輸入することは違法にはなりません。

 

ですが、現状はピルなどの薬に関しては、日本国内での使用となるときちんとした医療機関での診察を受けて処方箋をもらわなければ手に入れることは困難です。

 

その上、診察を受けなければならないので診察料なども余分にかかってしまいます。

 

今でもこのような状況を強いられているのは先進国では日本だけです。

 

女性にとってピルの役割は社会進出をして地位の向上に貢献していることなどが挙げられます。

 

妊娠や出産を自分で選べることには大変大きな意味があるといえるでしょう。

 

ピルを服用していれば妊娠率は0.2%まで抑えられます。

 

最近ではピルの副作用も少なく高性能なピルも増えてきて、その上価格まで安くなったということは女性にとっても大変有り難い話だと言えるでしょう。

 

最近では日本の女性の間でも安く手軽にピルを手に入れるために、個人輸入代行というサービスが当たり前のように使われています。

 

個人輸入を利用している方の割合は60%を超えており、中には病院での処方と平行して利用されている方もおられるようです。

 

ですが、最初は病院で処方してもらっていた方も金銭的にもばかにできない値段になるという理由でピルの個人輸入のほうに切り替えるというパターンも多くなってきています。

 

代行業者というのは個人で使う目的で外国から医薬品を輸入するのを手伝ってくれる業者のことをいいます。

 

皆さんの1人1人が個人で外国に行ったときに薬を買い付けることには様々な障害が発生してしまいますが、代行業者なら、何の問題もなく安い価格でピルを手に入れることができるのです。

 

皆さんもこれを機会に代行業者を利用してみては如何でしょうか。

 

(東京都 himeojouさん)