ピルを個人輸入で買ってみた

香港で簡単に安くピルを入手

避妊用のピルは、東南アジアの一部の国では処方箋なしで薬局で簡単に購入することができます。

 

日本でピルを安価に購入したい場合は、並行輸入業者や、海外に拠点を持つ薬局等でネット販売を通じて入手することができます。

 

現地のピルの販売価格よりは割高ですが、日本でピルを処方を得て購入するよりはずっと安い価格で買うことができます。

 

可能であれば、香港旅行の際にピル購入するのが安く、簡単です。

 

ただし、どこでもピルを売っているというわけではありません。

 

現地のチェーンの大型薬局の、比較的大型店舗であればピルを入手できる可能性が最も高いです。

 

カウンターで聞く、という種類ではなく、普通に店内に並んで手に取ることができます。

 

ピルが見当たらない場合、スタッフに英語で聞くことになりますが、「ピル」という単語は通じにくいので、「Contraceptive Pill」(経口避妊薬)という単語を言う、あるいはメモしておくと良いと思います。

 

欲しいピルの銘柄が特定しているのであれば、スマホで写真なり、名称をメモしておくと、より簡単に手に入れることができます。

 

ピルのパッケージは非常に小さいので、簡単に荷物に入れることができますが、あまり大量に持ち帰ると、税関等で輸入業者とみなされて没収されますので気をつけた方がいいと思います。

 

また、自分で、あるいは現地の知り合いに頼み、何か月分かピルを送るのも、国際郵便の抜き打ち検査等で没収されることがあります。

 

実際、私はそのようなことを経験しました。

 

半年分のピルを送ってもらったのですが、税関で開けられてしまいました。

 

個人から個人宛てでしたし数量も少ないので、恐らくは個人用とみなされたのか、なぜか一シートだけピルが入っていて、残りは没収されたようです。

 

そして「一定量を超える薬品の個人輸入はできない」旨のレターが入っていました。

 

やはり、専門の個人輸入代行サイトを使った方が安全かもしれません。おすすめの個人輸入代行サイトはこちら