ピル安く買う

ピルを安く買う方法は嘘でも治療目的と言うこと

ピルを安く買う方法は

 

保険適用でお医者さんにピルを処方してもらうことです。

 

ピルは婦人科または、産婦人科のある病院で処方してもらえます。

 

普通ピルを処方してもらいたい時には婦人科にかかってピルをくださいと伝えます。

 

しかし、それだと治療目的ではないので、

 

保険の適用がされずに全額負担になってしまいます。

 

例えば、避妊のためにピルを処方してもらいたいと言ってしまうと、まずもって保険の適用はされません。

 

治療のためのお薬の処方なので、

 

嘘でも必ず治療目的でピルを処方してもらいたいと伝えるのです。

 

では、どうすればいいのかと言うと例えば、生理痛が酷くて辛いのでピルを処方してもらいたいと伝えるのです。

 

生理痛という症状に対して治療する目的でピルを処方してもらえるのです。

 

具体的な症状を伝えることで生理痛緩和の為にピルが処方されます。

 

これは、生理痛の治療のためにピルを処方するので保険的用になります。

 

保険的用になるので3割負担で1シート大体2000円くらいになると思います。

 

最初は内診やエコー検査もあるので高くつきますが、次回からはピル代だけですみます。

 

最初は1シート分しか処方してもらえませんが、次回処方してもらう時に2シート分まとめて下さいと言うとそうしてもらえます。

 

まとめて処方してもらった方が毎月病院にかからずにすむので、初診料、診察料などもかからずに、その分安くすみます。

 

病院によって3ヶ月分まとめて処方してくれる所もあるので確認しておくといいかもしれません。

 

病院によってピルの値段も数百円からら千円の差があるので、事前に病院に問い合わせして、納得のいく所に通った方がいいと思います。

 

いい病院を見つけて、保険的用で安くピルを処方してもらえる病院を探すことが大切だと思います。

 

(栃木県 ハリーさん)