ピル個人輸入

ピルを安く購入する方法は個人輸入

ピルは、生理周期を安定させる効果があり、子宮内膜症の治療、更年期障害の予防の他、避妊目的としても使用されている薬です。

 

ピルを入手する方法としては、病院で診察を受けて処方してもらう方法があります。

 

しかし、実際のところ、ピルの価格は病院によって違いがあります。

 

もちろん、病院では値切ることもできませんので、提示された価格で購入することになります。

 

病院でできるだけ安く入手するためには、あらかじめ電話などの問い合わせで価格を確認しておく必要があります。

 

しかし、病院で一番安い価格よりも、さらに安くピルを購入する方法があります。

 

それは、個人輸入を利用した方法です。

 

ピルの値段は、国によって様々異なります。

 

日本では、1ヶ月分の低用量ピル1シートの価格が、1800円〜3000円と言われています。

 

これは病院で診察を受けて購入する場合の価格です。

 

しかし、同じ低用量ピル1シートを海外から個人輸入によって購入した場合には、約1000円ほどの価格となります。

 

明らかに、割安な価格でピルを購入することが可能となります。

 

さらに、病院の場合には、購入する前に診察を受ける必要があります。

 

その場合、診察料が必ず発生しますので、ピルの代金以外にもお金がかかります。

 

その点、個人輸入で購入すれば、診察なしで入手できますので、ピルの代金のみで済むことになります。

 

こういったことからも、個人輸入を利用した方法で購入した方がピルを安く手に入れることができます。

 

海外では安くピルが販売されていることが多いので、6シートなどまとめて購入すれば、送料なども1回分で済むのでより安くなります。

 

しかし実際には、個人輸入はなかなか個人で行うことは大変ですので、代行業者からネットの通販などを利用して購入すると便利です。

 

こうしたネットの通販サイトでは、より多い量を購入することで割引サービスなども行っているので、さらにお得となっています。

 

ただ、ネット通販で購入する際には、注意が必要です。

 

ピルには様々な種類があるため、いきなり大量に購入するのは避けた方が無難です。

 

1シートずつ購入し、試してみて自分の体質に合ったピルを見つけることが大切です。

 

また、目的や用途に応じてピルを選ぶことも大切です。

 

病院によっては、ある種類のみのピルしか置いていないことも多々あります。

 

ですが、個人輸入であれば、豊富な種類のピルを入手することができますので、自分に最適なピルを見つけることができます。

 

上手に個人輸入や代行業者の通販サイトを利用すれば、手軽にピルを安く購入することができます。