アフターピル 個人輸入

アフターピルは個人輸入代行ショップの利用が便利です

アフターピルは妊娠を望まない女性が使用する緊急避妊薬です。

 

独身の女性はもちろんのこと、既婚者であっても様々な事情からアフターピルを使用されています。

 

アフターピルは病院で処方してもらうこともできますが、手間や費用などを考えると断然、個人輸入での購入がおすすめです。

 

個人輸入なら病院に出向くことなくアフターピルを手に入れることができるので、誰にも内緒でアフターピルを購入することが可能なのです。

 

個人輸入の場合は、ネット通販が主流となっています。

 

理由としては、自分自身で海外からアフターピルを個人輸入するとなると、様々な手続きが必要となり手間がかかるからです。

 

それよりも、個人輸入代行ショップを利用するほうが簡単で賢明です。

 

アフターピルの価格に関しては個人輸入代行ショップの場合、一律ではなくばらつきがみられます。

 

送料に関してもショップにより、無料と有料とにわかれます。

 

(無料と言っても販売価格に含まれているという意味です。)

 

実際にアフターピルを購入したことのある利用者の口コミなどを参考に選んでみるとよいでしょう。

 

こうした個人輸入代行ショップを利用してアフターピルを手に入れることのデメリットは、説明書が日本語で明記されていなかったり、副作用が起きたときに対処が難しい、海外では許可された薬であっても日本では未許可のものがあるということです。

 

つまり、医師や薬剤師の診断のもとで処方されているわけではない薬を使用するときには、自己責任となるので注意が必要です。

 

簡単に手に入れることはできるが上のデメリットと言えるでしょう。

 

こうした、デメリットを頭に入れたうえでアフターピルの使用や購入を考えましょう。

 

(岐阜県 あまちゃんさん)