PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) ルナベル

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の治療にヤーズやルナベルを服用しました。

わたしは6年ほど前からピルを服用しています。

 

理由はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)だからです。

 

私の場合、出産がきっかけでPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)になってしまいました。

 

それまでは婦人科に関する問題はなく、生理不順も起きたことはほとんどありませんでした。

 

このPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は産後、生理がとまらず病院に行ったことがきっかけで判明しました。

 

不正出血が止まらなかったのです。

 

初め、放っておけばそのうち良くなると思っていました。

 

しかし、良くなるどころか徐々に悪化して次の生理がくるまで出血がとまらず、ついに病院に行くことにしたのです。

 

産後から病院へいくまで二年の歳月が経っていました。

 

息子を出産して病院で検査したところ、PCOSと判明しました。

 

男性ホルモンの数値が高く卵巣に卵胞がたくさんできていたからです。

 

私はこちらの病院でヤーズというピルを処方されました。

 

それまでどの薬を試しても効果がありませんでしたが、ヤーズは副作用がなく私にはとても合ってました。

 

ヤーズは新薬だったため、ピルのなかでも高額でした。

 

保険適用であっても毎回、高いと思っていた記憶があります。

 

それから数年間ヤーズを続けていましたが、ある日突然ヤーズの服用が中止されました。

 

ヤーズが原因で人が亡くなったからです。

 

ニュースではヤーズによる血栓症が原因だとされていました。

 

私はちょうどそのころ、引っ越しもあったので病院を変えました。

 

そちらでは新しくルナベルというピルを処方してくださいました。

 

幸いなことにルナベルも私に合っており、副作用が全くありませんでした。

 

また、ルナベルは新薬ではないので価格も安価です。

 

私はヤーズの服用を止めてからずっとルナベルを服用しています。

 

最近、薬事法の改定によりさらにルナベルの価格が安くなったので本当に助かっています。

 

3シートで一万円もしないのでありがたいです。

 

これからもこちらのルナベルを服用していきたいです。

 

(愛知県 ココナッツさん)