PMS治療 ルナベル

PMSの治療にルナベルを使ってみましたが、副作用がひどく私にはあいませんでした。

私は3年前ほどから生理2週間前になると、PMS(頭痛、腰痛、イライラ、めまい)の症状が徐々に出てくるようになり、生理1日目と2日目は起き上がれないほどの腹痛と腰痛で会社にも出勤できないほどの症状に悩んでいました。

 

ネットで調べてみると、低用量ピルがPMSの改善に向いていると知り、婦人科に通院する事となりました。

 

初めて処方されたピルはルナベルという低用量ピルでした。

 

最初の2〜3か月は慣れるまで吐き気や眠気、頭痛があると説明を受けて、その旨を理解した上でルナベルの服用するようにしました。

 

毎朝食事の後にルナベルを1錠飲んでいましたが、服用を始めてから電車や人混みに酔いやすくなってしまったので、夜寝る前に服用し始めました。

 

ですが、私には合わなかったのか、元々持ってた片頭痛が酷くなり、ピルを処方いただく前以上に日常生活が送りにくくなってしまいました。

 

一度あまりに吐き気とめまい、頭痛が酷く、電車のホームで動けなくなってしまい、救急車で運ばれた事も。

 

以降、ルナベルの服用は止めて、今はディナゲストといった子宮内膜症の治療に使われる薬を服用中です。

 

 

まだ飲み始めたばかりなので、様子を見ている段階ですが、今のところ起き上がれないほどの片頭痛は発生していません。

 

もし体に合うようであれば、これまでの悩みも解消の道を見つける事が出来るので、少し期待しています。

 

ここまでで記したとおり、私にはピルが合いませんでした。

 

私自身、薬を飲む時間がまばらだったり、不規則な生活が改善できていなかったりしたのも影響しているかもしれません。もちろん、服用中は調子のいい月もあったり、不本意な妊娠を恐れる事はありませんでしたので、ピルの恩恵は少しならずとも受けていました。

 

ですが、回復出来ている月とそうでない月の差が本当に僅かであったため、結論としてピルの服用を中止しました。

 

別な婦人科に相談に行ったところ、ルナベルで片頭痛の症状が悪化する場合は明らかにピルが体に合っていないという診断結果でした。そのため、ピルが全ての改善策になるとも言えないと思っています。

 

ホルモンに作用する薬は飲むリスクもあります。飲んでみて体に合わない場合は別なピルを試す事も手立てですが、他の婦人科に相談に行く事も大事だと思います。

 

何よりも、毎月の事なので少しでも自分が気持ちよく安定して生活できる事が一番だと思うので、解決策を導き出すまでに時間がかかるかもしれませんが、じっくり向き合っていく必要があると思います。

 

(東京都 福田 栞里さん)