ピル 生理不順

生理不順で3ヶ月ほどピルが来ないことがあり、ピルを使いました。

生理不順で3ヶ月ほど生理が来ないこともあったので婦人科へ行って診てもらったところ、ストレスにより生理不順になっていることがわかり、ピルで生理周期を整うよう調整することになりました。

 

無月経になると将来的に子供を産むのが難しくなるとも聞いていたので、生理を起こすことは重要ですし、骨密度にも影響するのでピルを飲みました。

 

最初ピルを飲み始めた時はムカムカするなど副作用もでましたが、次第に慣れてきたのでそのまま飲み続け、安定した生理周期ができました。

 

ピルを飲むことで血中のホルモン量が安定するため、PMSが緩和され過ごしやすくなります。

 

ピルを飲み始めて3ヶ月経った頃には体も慣れて、生理前に以前はイライラしていた状態が自然と不快症状がやわらぐのを実感できるようになりました。

 

これはとても自分でも驚き、精神状態にも影響が出て穏やかに過ごせるようになったので、毎月の生理も苦痛に感じず過ごせるようになりました。

 

生理不順は、ストレスによりホルモンバランスの崩れが大きな原因なようで、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2種類のピルを飲むようになりました。

 

自然と生理周期も整い始めたので、ピルの影響で体質が変化しているのも実感でき、イキイキとした毎日を過ごせるようになりました。

 

ピルというと最初は少し不安な部分もありましたが、婦人科にてきちんと診察した後に処方されているので、無月経の状態で過ごすのはあまりに危険なため、きちんとホルモンバランスを整え生理のおかげで骨密度など将来へも影響がでてきますし、しっかりと卵胞ホルモン、黄体ホルモンのバランスをピルにて整えることは重要だと実感するようになり、体質も変化してきたのを実感できます。

 

(神奈川県、ママごんさん)