ピル 効果

ピルは避妊以外にもうれしい効果が期待できます

「ピル」の効果として一般的なのが「避妊」がしっかりとできることでしょう。

 

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンに似た作用をします。

 

ピルを服用すると、この二つのホルモンが分泌されることにより妊娠した時と同じような状態を体内で作ることができます。

 

すると、今度は脳が「妊娠した」と勘違いを起こし、次の排卵を止めてしまうのです。

 

従ってピルによる避妊率は高くなり、性交渉時に妊娠を望まない方が使用することが多いのです。

 

イメージとしては「避妊薬」というのが先行しがちですが、実は、ほかにも女性にとってうれしい効果が期待できるのです。

 

例えば、重い生理痛の症状を緩和させることができます。

 

毎月やってくる生理ですが、人によっては学校や仕事を休まなければならないほどの、出血量の多さや腹痛などの体調不良に悩んでいる方もいます。

 

そうした方も、ピルを飲むことによって、子宮内膜があまり厚くならないうちに月経を起こすことができるので、出血量も少なくなり、子宮収縮も抑えられ腹痛などの症状も軽減します。

 

また、ピルを飲むことでホルモンバランスが整うので、ニキビや肌荒れなどの発生も防ぐことができ、美肌を保つこともできるのです。

 

ほかにも、卵巣機能が低下することによって起きる更年期症状を緩和させたり、骨粗鬆症の発生リスクを減少させたりといった効果も期待できます。

 

特に、のぼせやほてり、イライラや憂鬱感などの身体的、心理的不快感を伴いやすい更年期症状の緩和には有効的で、「更年期かも」と婦人科を訪れた際に、改善のために婦人科で処方されるパターンも多くあります。

 

メリットの多いピルですが、副作用も報告されているので使用の際には必ず医師の判断のもと使用するのが良いでしょう。

 

(岐阜県 まあちゃんさん)