ピルを個人輸入で買ってみた

ピルを買うなら断然外国からの個人輸入が安い

低用量ピルのトリキュラーを個人輸入で買って飲み始め、4年になります。

 

ピル飲み始めたきっかけは、子宮の病気になったのが理由です。

 

現在は避妊目的でピル飲んでいます。

 

ピルは保険適用外で、私の服用していたピルの値段はワンシート3000円でした。

 

1か月3000円ですが、病院に行けば3ヶ月分をまとめてもらってくるので、1回に9000円の支払いをしていました。

 

このピルの支払いが結構キツくて、ピルを買うことを何度か断念したことがあります。

 

そこで、なんとか安くピルを購入する方法がないかと調べた結果、ネットの個人輸入の代行サイトにたどり着きました。

 

しかし、海外の薬ですし、よく見ると原産国がシンガポールと表示されています。

 

不安しかありません。

 

個人輸入代行しているサイト、会社、ピルの口コミなど念入りに調べてみました。

 

すると、実際に飲んでいる方の口コミもよく、個人輸入代行のサイトも悪い噂はありません。

 

不安が全て解消されたわけではありませんが、値段の安さに負け、手を出してしまいました。

 

この時買ったピルは、病院で出されていたものと同じトリキュラーです。

 

6シート、つまり半年分で2,300円の物でした。

 

ピルの値段だけ聞くとますます怪しいですよね。

 

今までだと半年18,000円するものが、2,300円で買えるのだから安すぎです。

 

普通に考えると何か問題があるとしか思えないですよね。

 

注文してから、2週間もかからなかったと思います。

 

トリキュラーが手元に届きました。

 

始めの一粒を、飲むのにかなり勇気は入りましたが、何事もなく…

 

気づけばこの個人輸入の代行サイトで購入して、2年は経っていると思います。

 

今でも大丈夫かな?と気にかけることはありますが、生理も毎月起こりますし、避妊もしっかりできております。

 

生理も順調に起こるので、体も楽ですしお財布にも優しいので、今では手離せなくなっています。

 

2年ということは、病院でもらっていれば72,000円です。しかしネット販売だと、たった9200円です。

 

すごい差ですね。

 

ただ、強くおすすめはしません。

 

もし、購入される方は、しっかりと調べた上で試される方が良いと思います。

ピル(トリキュラー)を個人輸入してみたら激安だった!

ピルは個人輸入で買うことがおすすめです。

 

友人は海外で暮らした経験が長いせいなのか、「日本で処方されるピルは高すぎる!」ってよく怒ってるイメージ。

 

個人輸入ってなんかコワいイメージしかないですよね。

 

ホントに大丈夫なんでしょうか?

 

そこで、ネットでいろいろ調べてみました。

 

ピルを個人輸入でポチッと買ってみた

試してみなきゃ、と思って、インターネットで検索してみました。

 

レビューを片っ端からチェックして、一応、一番安全そうな業者さんからポチッとしてみました。

 

Amazonみたいな感覚で買えちゃうんです。

 

もちろん、自己責任ですけどね……。

 

なんとなんと、気になるトリキュラーのお値段は、半年分(6シート)で2,500円ちょっと。
トリキュラー
卒倒するような激安価格です。

 

お金を振り込むと割とすぐに、家族が見ても何が届いたのかわからないような、小さな段ボールで家に届きます。

 

これまで婦人科に通っていて、処方してもらっていたのですが、それだと診療代と薬代で軽く3,000円は飛ぶんですよね、毎月……。

 

お世話になっているドクターに相談したら、血液検査は定期的にしてあげるから、それなら使っていいんじゃない、とのこと。

 

副作用が少し心配ですもんね。

 

飲んでみたら、生理も軽くなるし、避妊もバッチリ。

 

今のところとっても快適でーす!

 

それにしても、1シート400円程度って計算になりますよね。

 

日本でももっと安く売ってほしいなあって思います。

 

>>ピルの個人輸入サイトはこちら

 




ピルを個人輸入で購入するメリット

私は避妊のためにピルを服用しています。服用のルールとして毎日欠かさず飲まなくてはならないので、定期的にクリニックに行ってピルを処方してもらっていました。

 

しかし長期的に服用していると、都合によってなかなかクリニックに行けない事もあるのです。

 

服用が途切れてしまうと効果がなくなってしまうので、ピルを切らすことなく常備しておく必要があります。

 

私は忙しくてなかなかクリニックに行けない旨を病院に伝えたのですが、一度に処方できる量が決まっているからいつもより多めに処方することは出来ないと言われてしまいました。

 

そう言われてもピルを飲まない訳にはいかないので、私はどうすれば良いか悩みました。

 

そしてもう1つ費用の面でも悩んでいたのです。

 

少しでも安くならないかと思い、私は海外のピルについて調べてみました。

 

海外にはまだ日本では承認されていないピルが沢山あります。

 

有名なピルのジェネリック医薬品もあり、それらはとてもリーズナブルなのです。

 

しかし海外でしか販売されていないので、それを購入したい場合は個人輸入をしなくてはなりません。

 

個人輸入というと難しいと思ってしまいますが、代行サイトというものを利用すれば、国内の通販を利用する感覚で個人輸入をすることが出来ます。

 

ネットで調べれば沢山の代行サイトがあることが分かります。

 

出来るだけクチコミ評価の高い代行サイトを利用することが、トラブルに巻き込まれないためにも大切です。

 

私は何度もピルを個人輸入していますが、信頼性の高い代行サイトを利用しているため、今まで一度もトラブルに巻き込まれたことはありません。

 

海外のピルはとても安いのが魅力なのですが、それを購入するためにほとんどの場合、処方箋や医師の診断書がいらないことも嬉しいです。

 

また送料が無料の場合が多いので、ピルの代金だけで購入することが出来ます。

 

今までクリニックで処方してもらっていた私は、以前かかっていた費用と比べ大幅に安くなったことにとても驚きました。

 

それと同時にもっと早くから個人輸入をしていれば良かったと思ったのです。

 

私が利用している代行サイトでは、料金の支払い方がいくつかあり自分で選ぶことが出来ます。

 

私はいつも銀行振込みで支払い、支払いが確認出来たらすぐに発送してくれます。

 

海外からの発送なのに1週間ちょっとで届くので、安くて便利でこれからもずっと利用していきたいです。

 

ピルの値段に悩んでいる方に個人輸入はおすすめです。

 

>>ピルをこちらから購入しました。